弁護士を利用した際の債権回収費用について

債権回収費用について知りたい

Home » カテゴリー: 未分類

弁護士を利用するメリット

債権回収を専門家に依頼する場合として、専門家は弁護士が適任とされているようです。債権回収を行う場合の弁護士費用ですが、細かく設定されています。例えば、回収する額が3百万円以下の場合であれば、着手金は4~8%程度、報酬額は4~16%程度となります。また、3百万円を超えて3千万円以下であれば着手金や報酬額は3百万円以下と比較すると安くなります。具体的には、着手金は2.5~5%になり、報酬額は2.5~10%程度となります。また、着手金と報酬ですが、債権額が上がれば上がる程、率は低くなります。この、着手金並びに報酬額の率ですが、弁護士費用の相場となっています。相場に見合った報酬額等であれば、特に問題は無いとされています。

弁護士に債権回収を依頼したという旨ですが、これを債権者が債務者に伝達する事はできます。その場合、債務者は精神的に追い込まれる事になるでしょう。弁護士は法律の専門家であるだけでなく、法律の熟達者でもあり相手方としては不利な立場に立たされる事になるでしょう。

法律の専門家が介入をした場合、専門知識を要する裁判所類等を弁護士が代行で作成をしてくれます。また、弁護士費用ですが、分納ができるようになっています。弁護士を利用するメリットですが、実績が在る弁護士に依頼をすると債権回収はより確実に行える事になっています。実例が紹介されている自社サイトを完備している弁護士事務所であれば、利用する側としては心理的にかなり安心できるでしょう。

関連  /  弁護士法人アディーレ法律事務所-債権回収費用の相場

債権回収で気を付けたい点

強制執行をする場合、公証人に対して公正証書の作成を依頼しなければなりません。その額ですが、2千円弱となっています。これに関しては、事前に知っておく必要があります。強制執行では、民事保全も該当します。民事保全ですが、これは、債務者が所有する財産を債務者のために換金する事をできなくする制度です。これは、仮処分と呼ばれます。仮処分等の手続きをしなければならない事も少なくないようであり、費用としてはかなり掛かります。

仮処分等ですが、これについて仮処分の執行判決が付いた場合も収入印紙として3百円が掛かります。他には、債務者が所有する自宅に、差押えをする場合においては業者に対して人件費等を納付しなければなりません。債務者の自宅に出入りをする場合、鍵を開錠しなければならず、この費用に関しては高額となる事があります。

強制執行では、債務名義となるものが在ります。先述しました、確定判決以外には和解調書も含まれます。また、債務名義の正本を債務者に郵送しなければなりません。証明書が必須となり、この費用は収入印紙として2百円程度となります。

無担保の債権は、自分で回収する事は一応は可能とされています。ただ、その場合においては強制執行をする際に掛かる費用、その他、差押え業者に対して納付しなければならない費用の事も考えると、専門家に依頼をした方が良い場合もあります。

自分でもできる?

債権を回収する手段は、借金の返済に応じない場合においては訴訟に持ち込む事になると思われます。勝訴判決を得た場合、これが債務者の所有財産を換金させるための手段となります。強制執行をする場合、裁判所に対して手数料を納付する必要があります。手数料は、予納金、収入印紙代、郵便代となります。土地や建物といった不動産の場合、予納金は60万円程度、収入印紙は4千円、となります。また、裁判所に対して登録免許税を納付しなければならなくなります。税額は、確定判決における請求額の千分の四程度となります。

債務者が所有する財産が、高級車や船舶等の抵当権が付けられる動産(これらの動産に関する抵当ですが、民法の抵当権既定の特別法が在ります)や、貴金属類といった質入れをする事ができる動産に関しては、収入印紙は4千円、郵便切手代は3千円程度、予納金は5万円程度となります。動産には、現金も含まれており、これに関しては上限が設定されており、66万円の範囲内となっています。

動産執行では、小切手や株券に関しても換金対象となっているため、目的物に該当をします。債務者の私物であれば、換金は可能となっています。また、強制執行をする際には、公証人に対して書類作成を依頼しなければならなくなります。

債権回収の方法

利息付きの金銭の消費貸借をしている場合において、貸す側が借りる側に対して無担保で金銭を融資する事に関してはリスクが孕んでいるといえます。金銭の貸し借りですが、これ自体は借りる側の信用力が問われる法律行為とされます。金銭の貸し借りをする場合、借用証書を発行する事が普通とされています。契約自体は、口約束であっても成立しますが、金銭の貸し借りをする場合であれば書面を用いて且つ借りる側は認め印を押して契約をする位の心構えが必要となります。

無担保での金銭の貸し借りですが、債権回収をするためには貸す側とされる債権者は期限が来たら催促をしたり、請求をする事になります。債権回収には、担保付きの金銭の消費貸借も考えられます。この場合、借りる側が所有する土地や建物を「金銭の貸し借りをするに当たり、期日が到来しても返済が無い場合は所有権を移転させます」という抵当制度であれば、割と回収は有利となるでしょう。

担保付での債権の場合では、債務者の所有財産を換金のために処分をする事が可能となります。ただ、無担保の場合であれば、債権回収をする際は強制執行をする事も考えられます。強制執行を実施するに当たっては、事前に民事訴訟で債権者が勝訴判決を得ている事が必須となります。勝訴判決ですが、これ自体は強制執行をする際の債務名義となり、債務者の所有する財産を強制的に換金させるための手段となります。

債務者に対して、返済をしないあるいは返済が滞っている場合において、債権者が裁判に出るという意思表示をする事に関しては違法とはなりません。金銭の貸し借りをする以上は、信用力が問われる事になるので、事前にその事を借りる側は理解した上で契約をしなければなりません。